--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-20(Sun)

なにわ堂 野田店(高級たいやき専門店)

福島区の野田周辺にたいやき屋があるということで行ってみました。

種類はあんことカスタード、そして野田店限定・期間限定(?)で抹茶がありました。
ベーシックにあんこを2個注文すると焼き上がりまで5~6分かかるとのこと。
焼き立てが買えるので、待つことにしました。

待ち時間は待ち遠しいけど、だんだんと香ばしいにおいが~。

◎たいやき 130円

NO PHOTO
お。うんまぁい。
皮は薄くてぱりっ。
あんこはしっぽまでたっぷり。(皮が透けるくらいあんこがはいってる)

久々にこんなにおいしいたいやきを食べた~。
さすがたいやき1本で勝負しているお店。
最近はもちもちの白いたいやきばかりで飽き気味だったし。

それにしても東京はガイドブックに載るようなたいやき屋があるけど、関西はたいやき屋自体が少ない気がする。
回転焼が中心なのかな?


●なにわ堂 野田店(高級たいやき専門店)
【住所】大阪市福島区吉野2-12-14
【TEL】06-6449-3728
【営業時間】12:30~22:00 【定休日】不明
※営業時間や定休日の詳細はお店に確認してください


スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2009-10-19(Mon)

玉製屋

16時・・・今ならまだ買えるかもしれないと思い、日本橋へ足を向けました。
狙うは玉製屋のきなこのおはぎ。
お店が開くのは午後からなんだけど、きなこはすぐに売り切れちゃうのです。

お店に着くと、戸口に目をやる。
よかった、「きなこ売り切れました」の貼り紙はない。

店内に入ると、先客が2人。
皆、きなことつぶあんの組み合わせを注文している様子。
私もそうしよう♪
おはぎはきなこ、つぶあん、こしあんがあって、その中から2種(あるいは1種)を選ぶことになっています。
例えば6個入りならきなこ3個、つぶあん3個という具合。
それぞれ3種を2個ずつというのは出来ません。

ここのお店は注文を聞いてからおはぎを作るから、少しだけ待ったりするんだけど、そのおかげできなこがべたっとしないんです。

◎おはぎ(つぶあんときなこ)6個入り 819円
玉製屋500
んま~い。
塩加減が絶妙で甘さがひきたつ。
つぶあんもおいしいけど、きなこは絶品。
小さめのサイズだからいくつでも食べられそう。

京都に有名なおはぎがあるけど、私は玉製屋のおはぎの方が好きだな。
(上品で甘さ控えめが好みの人には京都の某有名店のおはぎの方がいいかも)

きなこはすぐに売り切れるので、買えるかは運次第だけど、狙い目は第1と第3木曜。
第2と第4木曜日が休みだから、木曜は定休日だと思っているお客さんがもいて、比較的空いていることが多いですよ。


●玉製屋
【住所】大阪市中央区千日前1‐4‐4
【TEL】06‐6213‐2374
【営業時間】14:00~売り切れまで
【定休日】日曜、祝日、第2・第4木曜
※営業時間や定休日の詳細はお店に確認して下さい


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2009-10-13(Tue)

栗きんとん本家 すや

食べ物がおいしい季節になってきました♪
今回は高島屋大阪店の銘菓百選コーナーで栗きんとんを購入。
今の時期だけ購入できるものです。

実は数年前まで栗きんとんっておせち料理に出てくるあまーい栗の煮た(?)ようなものだと思ってた。
でもここの栗きんとんを食べてから、イメージががらっと変わりました。

◎栗きんとん 2,363円(10個入り)
すや
おいしい・・・!
なめらかな口当たりでそれがほろほろっとほどけていく。
たまに栗のつぶが残っててそれがいいアクセントになってる。
栗と砂糖だけの素朴な味。
シンプル イズ ベスト だわー。

見た目はぱっとしないんだけど、確かな味です。
この季節だけなので、ぜひお試しあれ。
お店は岐阜ですが、秋になると大阪高島屋や他のデパートで購入できます。


●栗きんとん本家 すや
【住所】岐阜県中津川市新町2-40
【TEL】0573‐65‐2078
【営業時間】8:00~20:00  【定休日】水曜日
【HP】http://www.suya-honke.co.jp/index01.html
※営業時間や定休日の詳細はお店に確認してください







テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2009-09-15(Tue)

紫野和久傳

よく雑誌で見たりするけど、れんこんのお菓子・・・ってどんなんだろうって思ってた。
京都の菜食中心の料亭「紫野和久傳」の西湖という和菓子。

すると何気なく出かけた高島屋でスペースは小さいものの、「紫野和久傳」を発見。
そして、西湖があった。
これはもう購入するしかないでしょう。

◎西湖(せいこ) 263円
蜥御ケ・さ_convert_20090916232611
包んである笹(?)を開けると、ぱっと見は水羊羹のような感じ。
けっこうプルンとしているようなので、スプーンですくってみる。
と、弾力があって切れない。
・・・笹を手にもって直接、口元へ。

お。上品なおいしさ。
レンコンの味はわかんないけど、もちもちしてて甘い(和三盆の甘さっぽい)。
食感が葛に近いかも。
でもツルンとしてる。不思議だ。

これは自分で買って食べるというよりは、贈答向けかなー。
おもたせにぜひぜひ。


●紫野和久傳
【住所】京都市北区紫野大徳寺南門東入ル
【TEL】075‐495‐6161
【営業時間】9:00~20:30 【定休日】月曜日
【HP】
※営業時間や定休日の詳細はお店に確認して下さい


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2009-08-24(Mon)

霧の森菓子工房

やった!!
霧の森大福が久々に大阪に来る~。

今回は近鉄阿倍野百貨店へ出張販売。
限定300個、1人3つまで。

む~。近鉄阿倍野店での販売か~。
以前にここで霧の森大福をGETし損ねているからなぁ・・・。


かれこれ3~4年前。
近鉄阿倍野店で販売されると聞いて、張り切って天王寺へ。
販売される9階の催事場へ着いたのは10:10位。
と既に売り切れ。
うそ~。聞くとオープン前から並ばないと買えないらしい。

諦めきれずに翌日も天王寺へ出向き、9:30頃にデパートへ着く。
入り口には既に数人が並んでいて、私もその列へ。
この人数ならなんとか買えそう~と一安心。
ところがっ!また買えなかった。
10:00オープンと共に店内は入ったんだけど、エレベーターに乗れず。
そう。エレベーターに1番近い入り口に並ばなければいけなかったのです。
売り場には10:03には着いたけど、無理だった。


あー。思い出すと悔しい。
過去の苦い経験を活かし、今回はどうしてもGETせねば!!

そこで、なんと前日に下見に行きました。
9階催事場の霧の森大福売り場の場所を確認。
そこから1番近いエレベーターを探す。
そしてそのエレベーターが10:00オープンの時にどの階からスタートするかインフォメーションカウンターに聞きに行く。(地下、1階のどちらからスタートするかわかんないもん)
これで完璧~。

当日、もちろん購入できました。
その霧の森大福がこちら♪

◎霧の森大福(8個入り) 1,050円
霧の森1

中身はこんな感じ。(ああ、悲しいことピンボケ・・・)
霧の森2
く~っ。おいしすぎる~っ。(>。<)
抹茶のほろ苦さ、生クリーム&あんこが絶妙。
ああ。もう言葉では伝えられない。
これは食べなきゃわかんない。

購入方法としては、下記の3つ。
①四国まで買い行く
②ネットの抽選販売
③大阪への出張販売

①はなかなか難しい。
②の抽選販売はここ数ヶ月実施されてない。
(仮に抽選があっても倍率高すぎる。当ったことありません・・)
となると③が購入できる1番の近道。

どこで出張販売されるかは霧の森工房のメルマガ「霧め~る」でわかります。
たまたまかもしれないけど、比較的、買いやすかった(人が少なかった)のは近鉄の上本町店や肥後橋にある愛媛県大阪事務所。

おいしいものに並ぶのが苦じゃない方はぜひ☆


●霧の森工房
【住所】愛媛県四国中央市新宮町馬立 霧の森内
【TEL】0896‐72‐3112
【営業時間】10:00~17:00  【定休日】月曜(祝日の場合は火曜)
【HP】http://www.kirinomori.co.jp/shop/index.html
※営業時間や定休日の詳細はお店に確認して下さい


続きを読む

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。